いちとはぎの新婚生活


by clemenskrauss
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
いままでいちやはぎをexblogで運営していたのだけれど、バックアップ機能がなかったりと多少の不満が無いではなかった。
以前Mysql+Movable Typeへ移行しようと思ったこともあるのだけど、エントリ数が増えるにつれて重くなってしまったので頓挫していたのだ。

最近巡回しているブログがはてなダイアリーで公開されているものが多かったりするのでちょっと気になっていたのだが、さっき思い切って登録してみた。

はてな版いちやはぎはこちら

機能が豊富でまだイマイチ使い方が掴みきれていないのだけれど、なかなか楽しそう。

しばらくはexblogと同時進行で更新していき、問題が無いようならのんびりとログをはてなに移して行こうと思う。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-11-19 22:28 | 日記

叔母のお通夜

ずいぶん前に書きかけのまま保存しておいて、アップしそびれてしまったものだけれど、投稿しておこう。


10月17日、母の妹のお通夜に川崎まで行ってきた。

長く肝炎を患っていた。亡くなる2週間程前、入院を勧める医者に「もう出て来られないんでしょう?」と断り、しばらくの間を自宅で過ごしたそうだ。この頃に見舞った母によると、かなり黄疸がでていたものの、まだ言葉もしっかりしており、座ったりつかまり歩きもできたらしい。
だがすぐに食事もとれなくなり、次第に体調は悪化の一途をたどって信濃町のK大病院へ入院を余儀なくされた。

10月11日に、母と姉、ハギと僕の4人で病院にお見舞いに伺った時には、上体を起こすことはおろか、身体を動かすことも言葉を発する事もほとんどできず、薬のせいか夢と現の間をさまよっているようだった。食事はもちろん水を飲むこともできない状態なのだが、不思議なことに口の中に氷の欠片を入れると、コリ、コリと噛み砕くのだった。

「ウチでもよくこうして噛んで食べるんだ」と、叔父さんが静かに笑った。
古く狭い病室の中に、氷を噛む確かな音だけが響いていたのが哀しかった。


息を引き取ったのはそれから4日後、10月15日の未明だった。


叔母は趣味でドライフラワーのアレンジメントを習っており、地元の展覧会にも出品したりしていた。体調の悪い中入院を断ったのは、ドライフラワーのインストラクターの資格を取る試験のためだったらしい。
その認定証の届く予定は元々10月15日だったのだが、先生の配慮で10月12日にわざわざ病室まで持っていらしたのだそうだ。亡くなる前に、念願だった認定証を目にすることが出来たのがせめてもの慰めだ。


お通夜の場に飾られていた作品はどれも見事で、お通夜というよりはまるで個展のようでした。
ケータイの写真なのでうまく撮影できなかったのだけれど、下にその作品を紹介させていただきます。

f0022130_294737.jpg

f0022130_2261840.jpg
f0022130_2262893.jpg
f0022130_2263712.jpg
f0022130_2264443.jpg


イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-11-16 23:55
f0022130_22593476.gif老年について
著:キケロー
訳:中務哲郎
岩波文庫


カエサルと同時代を生きた政治家で著作家キケロ晩年の作品。一般に忌むべきものとされている老年について、ポエニ戦争の立役者大カトーの口を借りて謳いあげる一冊。

登場人物は大カトー、大スキピオの孫で後にカルタゴを滅ぼす小スキピオ、小スキピオの友人ラエリウス。ギリシア譲りの対話形式で書かれているけれど、プラトンのように問答を積み重ねるようなものではなく、若いスキピオとラエリウスに対して齢80を超えた老カトーが老年の素晴らしさを一方的に語るといったもの。本書において二人の青年の存在はまったく副次的なものであるといってよく、大カトーの口を借りてキケロ自身が「こうありたい自分の老後」を綴ったものといえる。

キケロよりは一世紀前に元老院を主導してローマを地中海の覇者とし、カルタゴを破った英雄スキピオ・アフリカヌスが元老院に派閥を形成しようとすると見ると共和政の危機とばかりにこれを失脚させ、晩年に至るまで政治的な影響力を持ち続けた大カトー。作品中ではローマ人らしく政務の傍ら農園の管理にいそしみ、またギリシア文学に打ち込んだと描かれている。
一方、元老院ひいては共和制の守護者を自任しまた周囲からも扱われていたキケロだけれど、『老年について』を執筆したのはカエサルが終身独裁官に就任し、政治的影響力が低下しイジケて執筆活動に打ち込んでいた頃。60歳を過ぎ老いの足音を感じていた彼が、尊敬する大カトーの口を借りて鬱屈した思いを著作にぶつけたくなった気持ちも分からないではありません。

キケロの著作は以前からちょっと興味があったのだけど、実際に手にしてみたら思ったよりも読みやすかったので、他のものも機会があったら手にしてみたいと思う。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-11-14 00:15 | 積読日誌

やってしまった!

ついに、ついにやってしまった。
DIYで作った本棚(壁一面まであと一歩)を整理中、発見してしまった。
屈辱の、痛恨のダブり買いである。

今までいくら音盤や本を仕入れても、ダブり買いだけはしなかったのに…記憶力の減退か、本に対するスタンスが変わってしまった為なのか。

f0022130_22433336.jpg

紫式部日記…しかもどちらにも某B○○k ○FFの値札が貼られている。
いつ購入したものかはわからないけど、
「興味があるし読んでみたいけど、今は他に読みたい本がたくさんあるので後回しにしよう。あ、でも古本屋で見かけたら買っておこうかな。いつかは買うものだし」
というノリで購入したことが手に取るようにわかる(笑…えない)。

日頃ハギに積ん読を注意されていたのたけど、いよいよ本格的に未読本の片付けに乗り出さないといけません。

あぁ…。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-11-13 22:36 | 日記
f0022130_0551225.jpgローマから日本が見える
著:塩野七生
集英社文庫


追っかけている塩野さんの新刊。集英社というのがちょっと意外。

題名の通り古代ローマのありかたを通して日本のありようやあるべき姿を描く部分もあるのだけど、基本的には王政から帝政初期までの塩野さん流の通史というか、『ローマ人の物語』のダイジェスト版といった感じ。ダイジェスト版といってもさすがにつぼを押さえたもので、ローマについての予備知識の無い人にとっては手頃なガイドブックになるだろうし、一通り読んできたつもりの自分にとってもおさらいにちょうど良かった

本書の中でオリジナルな内容なのが書名にもなっている最終章の「ローマから日本が見える」と付録の「英雄たちの通信簿」。特に最終章で日本の55年体制時の自民党をローマの元老院に比しているのはユニークで面白い。
同じく最終章で述べている「日本人だからローマ史が分かる」というのも一理あるんだろうなぁ。確かに「グラディエイター」での帝政ローマの描き方(カリグラをモデルにしているんだっけか)や「スターウォーズ」シリーズでの元老院や共和制と帝政との描き方を見ると、映画としての出来不出来は抜きとして、作り手にローマ時代についての公正な見方をしているとはあまり思えない。そういう意味で、キリスト教徒から見た異教徒としての一方的なローマ史観だったり、共和制に民主主義を見る盲目的な民主主義者的な観点から、比較的にしても自由でいられる環境にある人間のほうが、より素直にローマを知り学ぶことが出来るのかもしれない。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-11-10 22:59 | 積読日誌

結婚式!

11月8日は、高校時代の後輩・ハギの同輩の結婚式に夫婦そろってお招き頂きました。

場所は海浜幕張のホテル・フランクス。幕張へは久々に行ったのですが、立派なホテルがいくつも建ち、大きなアウトレットモールも出来てなかなか楽しそうな所ですね。

外観は撮り忘れてしまったので内装だけ。
f0022130_0354311.jpg

ヴァージンロードが下から光るので、ウェディングドレスの裾が幻想的に輝いて見えました。

高校時代の恩師をはじめ当時の仲間たちが集まり、ちょっとした同窓会のよう。
一言お祝いの挨拶をさせて頂いたハギは、出番が来るまでかなり緊張していたようですが、本当に楽しく幸福なひとときでした!

どうぞ末永くお幸せに!

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-11-09 23:26 | 日記

そこにカツ丼は無かった

昨日は散々な一日だった。

朝いつも通りに家を出、いつも通りに土手沿いの道をママチャリでひた走り、いつも通りに新荒川大橋から一般道へ入り信号が青になるのを待って、横断歩道を渡ろうとしたところに突っ込んできた1台の原チャリ。
危険を感じてとっさに減速したのですが、間に合わずにハンドルのすぐ下、前輪の泥除け部分に勢いよく衝突。自転車は吹っ飛び、原チャリはしばらく行ったところで横転。自分はギリギリのところで直撃を免れたので怪我らしい怪我も無かったのですが、悪いことに自転車が吹っ飛ばされた先に、信号待ちをしていたお祖父さんと3才の女の子がいた。

お祖父さんに一声かけつつ、路上で倒れている原チャリに近づいてみると、運転手は50才くらいの女性で一人では起き上がれない様子。

「起こして~」

なんて言っているので手を貸して起こすと、

「じゃっ、大丈夫だから!」

と立ち去ろうとする。おいおいおい。
ちょっと待てと言うと、

「ううん、大丈夫大丈夫」

とそのまま原チャリで走り出し、逃がさないように後ろの荷台を捕まえたのだが振り切られてしまった。


幸いこの交差点の一角に交番があって警官が一部始終を目撃してくれており、原チャリが逃走するとすかさずパトカーを出して追ってくれました。

歩道のお祖父さんと女の子に声を掛けると、自転車のハンドル部分が女の子の頭に当たってしまったとのこと。当たった衝撃はたいしたことが無かったらしいのだけど、聞けば生まれつきの病気を持っておられるとのことで、交番でしばらく話をした後で念のためかかりつけの専門医のところへ救急搬送されていきました。

てっきり原チャリの運転手は逃げおおせてしまったのかと思っていたのですが、しばらくすると隣室から交通課の警官の厳しく叱責する声と、消え入りそうな運転手の声が。救護義務があるにも関わらず立ち去ったのだから轢き逃げに相当するわけで、酌量の余地はありません。

交通課の警官たちと、しょっ引かれてきた原チャリの運転手と共に現場検証をした後、調書を作成するため場所を署に移すことに。てっきり警官と一緒にパトカーで向かうのかと思っていたのですが、「自力で来てください」とのこと(笑)
ペンチを借りて自転車の泥除けのへこみをタイヤに接触しないくらいまで戻し、とりあえず会社とハギへ連絡を入れてから事故車両で自走し署へ。

赤羽警察署へ到着すると、4階の交通課にある2畳ほどの取調室に案内され調書作成。すでに昼近くなっておりお腹がすいてきたのですが、残念ながらカツ丼はありませんでした。
担当の警官に聞くとやはり交通事故の多い交差点なのだそうだ。現場はかなり変則的な四つ角で、新荒川大橋側から見ると下りつつ大きく右にカーブしているため二輪車の単独事故も多く、また交差点自体が非常に長いために黄色や赤に変わったばかりで交差点に進入してくる車があると、今回の事故のように歩行者用信号が青に変わっているにもかかわらず、車両がどんどんやって来るなんてことになる。自分も以前から危ないと思っていて、どこかに投書でもしようかと思っていたくらいだったのですが、まさか自分が被害者になるとは思いませんでした。

調書に「加害者の処罰を望まない」(今考えればヒジョーに甘かったと反省しているのですが)「自転車の賠償を望む」ことを明記してもらい、調書に捺印して取り調べ終了。
件の女の子のことが心配だったので、何か解り次第携帯に連絡を入れてもらえるように警官に頼み、じきに保険会社から示談についての連絡が来るはずとの説明を受けてようやく開放されました。

普段から交通安全に人一倍気をつけているつもりではあるのですが、相手方に全面的に非があるとはいえ交通事故に巻き込まれたことは少なからずショックだったらしく、夜中に起きてしまい、寝ようと思っても事故の記憶がフラッシュバック的によみがえって寝付けなかったり。

みなさまもどうぞ交通事故にはお気をつけください。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-11-06 20:20 | 日記

祝!3周年!

本日11月3日は3回目の結婚記念日でした!

のんびり土手でお昼をとろうかとも思ったのですが、あんまり天気がよくないこともあって、家で本棚を作ったりTVを観たりと、至極のんびりでいつも通りだけど幸せな休日。

f0022130_0223490.jpg

夕飯後、結婚式や新婚旅行の写真を見ながら、以前引っ越し祝いに頂いた魔王をチビリ。(こういう時じゃないと飲めない貧乏性ないちやはぎ家・・・)
ふたりで出かけるのも良いけれど、こうして自宅でゆっくりとふたりの来し方を眺めてみるのも良いですね。

楽しい日々が送れるのも、ハギのお陰だと思っています。これからもどうぞよろしく!
いちやはぎに乾杯!

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-11-03 23:40 | 日記

東京都庭園美術館

少し前になりますが、東京都庭園美術館のアール・デコ展へ行ってきました!

アールデコが好きで、前々から庭園美術館が気になっていたところ、なんと、ずばり「アール・デコ展」が開催されるとのこと♪(10/1~10/13までで現在は終了)
しかも写真撮影可能の撮り放題。
これを行かずしていつ行くか!とはりきって出かけました。
f0022130_13592.jpg

「東京都庭園美術館は 朝香宮[あさかのみや]邸として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したものです。
建築の全体設計は宮内省内匠寮工務課が担当し、1階の大広間、客室、食堂、2階の殿下書斎、居間などの主要7室はアンリ・ラパンが担当。
ルネ・ラリックらフランス人デザイナーの作品を巧みに組み込み、アールデコの華やぎを日本で再現しました。」
f0022130_185371.jpg

と、説明文を読みつつ館内探索。
想像以上にステキな空間です♪
大食堂はパイナップルとざくろのランプ、それぞれの部屋にはかわいらしいラジエーターカバー、部屋ごとに異なる照明のデザイン等、細かいところまで気を配った設計にため息がでます。
f0022130_145029.jpg

f0022130_153064.jpg

カメラ小僧のように1人でパシャパシャ写真を撮りまくりました。
うちのデジカメは古くて手ブレ補正機能がないので、望遠がぼやけてしまうのが難点・・(ハギの腕のせいと目線で訴えるイチはスルー)
自分の好きなデザインで、妥協せずに何年もかけて作り上げた家に住むなんて、最高に贅沢だな~

一番好きなのが、正面玄関のガラスレリーフ。
こちらはルネ・ラリックが朝香宮邸のために制作した完全オリジナルです。
f0022130_1103543.jpg

いや~存分に堪能してきました☆

この美術館、面白いことに、展覧会の内容によってはドレスコードがあるのです。
アール・デコ展ではありませんでしたが、現在開催中の「1930年代・東京」展は、帽子をかぶって来館すると、一般1000円のところを、団代料金800円で入場できます。
そういうの好き( ´艸`)

ハギ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-10-27 14:27 | 美術館

稲刈り

久々の休み。10/4~5はハギやハギパパママと一緒に、秩父にあるハギの大叔母さんのお宅へ生まれて初めて稲刈りのお手伝いに行きました。

日のまだ登らない朝5時に車で出発。途中割とスムースに行けたので7時前には到着すると、早速酒盛り(笑) ビール2本を空け朝食を済ませる頃には夜勤明けの息子さんも帰宅し、いざ田圃へ。
f0022130_2335563.jpg

刈り取り自体は前日に機械で済ませているので、我々の役目は刈り取られた稲を竹の干し台に掛ける事。兼業ということもあり田圃もさほど広いとは言えないと思うのだが、それでも素人には手に余る。
稲藁の中に隠れているちっこいカエルやネズミ(!)やコオロギやバッタやクモや・・・etc...を踏まないように気をつけながら竹に稲を掛けていると、つい今しがた作業をしていた方向からメキメキと竹の割れる嫌な音が。この竹、ちょっと古かったり細かったりで強度が十分でなかったようで、結局1日のうちに4箇所ほど崩壊し元の木阿弥。嗚呼。

11時頃にはもう一人親戚の方も加わりペースアップ・・・と思いきや、休憩後すぐにお昼休みに入り再び酒盛り(笑) 大叔母さんがミョウガを98個(!)も摘んでくれたので、これを天婦羅に。生っているミョウガを見るのも、天婦羅にして食べるのも初めてだったのですが、なかなか美味でした。今回はミョウガ単体で天婦羅にしていたのですが、掻き揚げに混ぜても美味しそう。

すっかりお腹も一杯になりお酒も入って転寝した15時頃にようやく作業再開。この頃になると地面に落ちている稲も随分水分が飛んで軽くなっており、俄か百姓にも竹の干し台にも負担が軽減したようで、仕事の方もペースアップ。程なくしてすべての稲を掛けることが出来ました。

仕事の後は当然酒盛り(笑) このビールの美味しかったこと!快晴の空の下丸一日仕事をするなんて普段の生活ではまず経験できないことだったので、よい気分転換になりました。楽しかった!普段何気なく食べているお米のありがたみがよく解りました。
日本人の米離れがよく言われていますが、これからもたくさんお米を食べたいと思います!

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-10-06 23:59 | 日記