いちとはぎの新婚生活


by clemenskrauss
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ハワイ旅行2008/5/5~10( 6 )

前回から随分時間がたってしまいました。
この間エントリを書こうと思ったことが無いではなくて、実際書き上げて送信ボタンを押したことも2度ほどあるのだけれど、Exciteのエラーで飛んでしまいガックリなんてことも。結構な長文だったのだけどなあ・・・。

さて、ハワイ2日目はゴルフ。実は最近時々ゴルフの練習に通っていたのは、この日の為だったりするのです。顔や腕にこれでもかと言うほど日焼け止めを塗りたくり、いざホテル施設内のゴルフコースへ。

もともと見渡す限りの溶岩台地に建てられたホテルだけあって、ゴルフコースも溶岩の海の中に浮かぶ緑の島のように浮かんでいる。だから、コース外に打った日には溶岩で予想もつかないような所に跳ね返り、場合によってはフェアウェイど真ん中に帰ってきたりするのだ。
f0022130_0501638.jpgこんなコースだから、OBでもボールを拾いに行くこともなかなかできず、敢えてやろうとするとこんなことになる(笑)

きっとはじめてのゴルフコースとしてはこれ以上無い最高に恵まれた環境でコースを回れたのだと思う。後ろからまわってくる組が無かったためそれほど極端にあせる必要も無く(これは重要)、景色も最高に美しい中、先達達にマナーやルールを教わりつつまわることが出来た。
それでは最高に楽しかったかと聞かれたら、残念ながら素直に首を縦に振ることは出来ない。まあこれはただひとえに自分が下手だからなんだろうなあ・・・。そういう意味では、まさに豚に真珠といったところ。

f0022130_0541459.jpgこのコース一番の絶景。海越えの15番ホールは、噂に違わず素晴らしかった。

プレイ後、クラブハウスでサンドウィッチとコナビールをグビリ。この時の一杯は旨かった!

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2008-07-09 23:59 | ハワイ旅行2008/5/5~10
閑話休題。

日も暮れる頃、ようやく今夜の宿マウナ・ラニ・ベイ・ホテルに到着。

f0022130_053260.jpgロビーでレイを首にかけてもらい(おお、ハワイらしい!(笑))中へ。まるで熱帯植物園のような中庭を取り囲むようにロビーや客室が作られており、薄暗い照明に浮かび上がる木々の姿はとても幻想的。それでいて日中はとても開放的な雰囲気の素敵なホテルでした。

f0022130_0544265.jpgホテルの部屋からのプライベートビーチの眺めはこんな感じ。


夕飯はホテル内の海の見える野外のレストラン。ここは照明にライトの類を一切使っておらず、松明とテーブル上のキャンドルの明かりのみなのだが、これがとても素敵。
残念ながら同行者の目もあり料理の写真を撮れなかったのだけど、やはりハワイということでポキをはじめとした地元の料理を中心に頂いた。一口にポキと言っても随分とバリエーションがあるのだろうけど、ここではカクテルグラスに野菜やアボカドか何かのペーストと一緒に、ダイス状のマグロが入っていたように思う。美味。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2008-06-16 23:52 | ハワイ旅行2008/5/5~10
コーヒー販売所を後にし、プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園(長い・・・)へ。

f0022130_2344310.jpg山の麓にあるコーヒー販売所から海岸沿いの国立歴史公園まで降りると、曇りがちではあるものの雨はすっかり上がっていました。山を見れば相変わらず雨が降っているようで、普段だだっ広い関東平野に住まっている自分には、地形の起こす天候の変化がとても興味深く思われます。

そもそもプウホヌアとはハワイの言葉で「逃れの地」とか「聖域」といった意味とのこと。
かつてハワイにはカプという宗教的な掟が存在し、これを破ることで火山の噴火や嵐など天災が起こると信じられていたため、破った者には死罪をもって罰せられたそうな。カプを破ったことで穢れ死罪に処されるべき罪人が唯一生き延びることのできる術が、この聖地で穢れを祓うことだったのだそうだ。


f0022130_2365033.jpgこのカプが廃止されたのはカメハメハ2世の即位した1819年。現地のガイドさんによると、科学の進歩によって火山の噴火などの災害が説明がつくようになったからとの事だったが、帰国してからちょっと調べてみると、カメハメハ大王ほどカリスマ性の無かったカメハメハ2世(と摂政カアフマヌ)が、絶大な権力を持っていた神官たちの力をそぎ自らの権力基盤を強化するため、カプを廃止し聖地を破壊したというのが真相に近いようだ。
もちろん彼がこの事に踏み切った裏には、当時同盟関係にあったイギリスなど欧米諸国から、科学やキリスト教などの思想を受け入れていったという経緯があるのだろう。ハワイに宣教師達が初めて上陸したのも、もともと文字を持たないハワイ人がアルファベットを教育に取り入れたのも、彼の治世のことだった。

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園には、復元された聖地の建物や石垣、ウミガメのやってくる岩場などがあり、しばらくの間散策。海の浅瀬によく目を凝らしてみてみると、波のまにまにウミガメが何匹も漂っていました。あまり時間が無かったので行けなかったけれど、いいトレッキングコースもあるようです。
ハワイに到着して初めて自分の足で少しだけ自由に歩けたので、あちこち植物や潮溜まりを観察。溶岩と保護色になっている黒いカニがいたくらいであまり動物の姿を見ることはできませんでしたが、潮溜まりの際に赤いツタのような多肉植物のようなものがたくさん生えていたのが興味深く思いました。その他ヤシの木やノニの木なども生えており、ヤシの切り株を見て「あ、ヤシの木って年輪が無いんだ!」と驚いたり。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2008-06-04 23:00 | ハワイ旅行2008/5/5~10
昼食後、再びバスに乗り込みコーヒー農園の販売店へ。

f0022130_23575749.jpg驚いたのが、先ほどまでいた海岸沿いのレストランからこのコーヒー農園の販売店(名前は失念・・・)まで、わずか30分ほど内陸に入っただけにもかかわらず、天候が全く違ったこと。海沿いの標高の低い地点では快晴なのに、フアラライ山麓のコーヒー農園ではさめざめと雨が降り続き肌寒さを感じるほど。フアラライ山は常に雲の中にあるわけですが、近くに聳え立つマウナ・ケアは日本のすばるをはじめ世界各国の天文台が集まるほど晴天率が高いことで知られており、このような気候を生み出すハワイの自然には興味を惹かれるところです。

フアラライにしてもマウナ・ケアにしても山と言うよりは巨大な丘といった風情で、今までこの目で見たことのあるすべての山と全く違った姿形を見せています。自分の観たハワイ島のコナ周辺の自然の造形は、海岸線こそ人工的にあつらえられたトロピカルな植物と白い砂浜が見られるもののその大部分は不毛な溶岩で敷き詰められており、その溶岩が極めてなだらかに、ゆったりと隆起して山を形作っています。住宅は主にこの山の中腹にぽつぽつと点在し、コーヒー農園もこのあたりに位置しています。
ハワイの火山の溶岩は、例えば雲仙普賢岳のそれとは対照的に非常に粘度が低いことで知られ、そのことがこの特徴的な地形を形作ったということは知識では知っていたものの、こうして大地に寝転ぶような両山を眺めていると、なるほどと納得がいきます。

コナはキリマンジャロ、ブルーマウンテンと並ぶ高級コーヒーの三大産地に数える人もいるほどで、フアラライ山麓の雨の多い天候を利用したコーヒーの栽培が大変盛んな地域なのだそうです。
バニラやマカデミアナッツのフレイバーのコーヒーもありますが、中でも珍重されているのがピーベリーと呼ばれる物。通常コーヒー豆は一つの実に二つの豆が入っていますが、時々突然変異で大きな豆が一つだけ入った物が収穫されるのだとか。この一粒種を集めたものがピーベリーと呼ばれ、通常のコーヒー豆の数倍の価格で取引されています。
ガイドさんに言わせると、「解る人には解る…と言われている」との事で、値段は味ではなくその希少性ゆえといったものなのかも知れません。

f0022130_23581044.jpgまた、なぜかこの販売所には立派なBONSAIが置かれており、店の奥では販売までされておりました。
木の種類は不明・・・ガジュマルのように気根を垂らす性質のようで、溶岩の台座に根を深く下ろした姿は実に立派。もちろん販売されていたものはこの写真のものよりもずっと小さなものですが、かなり重そうだったので購入は断念。(買う気だったのか!)

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2008-05-26 23:54 | ハワイ旅行2008/5/5~10
降り立ったコナ国際空港は、国際空港と言うものの国際便は成田との一日一便の往復便のみというほぼローカル空港。タラップから降り(アメリカ横断ウルトラクイズを思わせる)、そのまま徒歩でゲートへ。ターミナルビルなんてのももちろん無く、すべて平屋。それも壁も無いような建物が多く、手続きや荷物の受け取りなどもすべてこんな開放的な中で行われます。

同じハワイとはいえコナの空は先ほどまでいたホノルルと違い、ホノルルが良く晴れていたのに比べコナはなんとなく全体的に薄雲っており、そこに山から雲が流れてきている感じ。後から聞いた話では、我々がハワイ島に訪れる数日前に少し大きめの噴火があったそうで、薄雲って見えたのは噴煙の影響なのかもしれません。

f0022130_0595332.jpg空港からバスでしばらく走り街まで出たのですが、周囲の風景の凄いこと!見渡す限り黒くごつごつとした溶岩台地が広がり、それがそのまま盛り上がって雲の中に消えていく。
この山はフアラライ山、現地の言葉で「恥ずかしがり屋」と呼ばれ、その名の通り年間を通してその山頂をほとんど雲の中に隠してしまっているそうな。


f0022130_1471083.jpg我々はそのままバスを走らせて、Don the Beachcomber restaurantへ。これがまた大変風光明媚なところにあり、美しい海を180度の視野に臨みながら食事を頂きました。
日本のビールやバドワイザーのような定番ビールもあったけど、折角なのでコナ・ビッグウェイブという地元のビールを頂く。恐らく無濾過でやや濁りがあり、大変フルーティで飲みやすい。これは絶対に日本人の口に合うと思います!ハワイ滞在中バドワイザーや日本のビールも飲む機会がありましたが、コナ・ビッグウェイブが置いてあるお店では常にこれを注文していました。


ところで話は大きくずれますが、デジカメを入手して気軽に写真を撮れるようになってから、自分は旅行などで口にした料理をなるべく撮っておくようにしているんですね。料理に限らず、ホテルの部屋だったり、どこかからの眺めだったり、木だったり草だったり、目に見えたものや感じたものをパチリパチリと撮ったりします。(ただし、みんな揃ってハイポーズ!と言うのは大嫌い)それを後になって見直すことはそう多くはありませんが、見ると実に色々なことを思い出します。料理の味だったり、風の香りだったり、日差しだったり、波音だったり、目に見えたものを切り取っただけの一枚の写真をキーにして、五感に刻まれた記憶が芋蔓式に引き出されてくるんですね。

よく、「私は旅行にはカメラを持っていかない」と宣言される方がいらっしゃいますね。すべてを自分の目で見、思い出を記憶の中に残すと。これはとても素晴らしいことだと思うし、なんだかカッコイイような気もする。でも残念ながら自分にはそこまでの記憶力も無いし、帰国してから自分が経験したことを報告したい人もいます。そのためには写真ってとても便利なんですね。
気になるのが、カメラを持って撮影するのが好きな人を軽視するような向きが時々見受けられること。これは全く個人的な経験では「○○するのは日本人だけ」という日本人論でしきりに日本人を恥じる向きの方に多いような気がする。(偏見?)

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2008-05-25 23:59 | ハワイ旅行2008/5/5~10
5月5日から10日までの間、会社の旅行でハワイへ行って参りました。
実は先日アップ直前のエントリが手違いにより消えてしまい・・・しばらくの間気力が湧きませんでした・・・。帰国から随分日にちも経っていますが、自分のためのメモとしてちょっと書いておこうと思います。

もともとハギに行きたいとせがまれていたハワイ。その時自分はそれほど乗り気ではなかったのですが、行きたがっていたハギではなく自分だけがハワイに行くことになり、皮肉と言うかなんと言うか、なんだか申し訳ないような気分なのであります。

初日はハワイ島のコナへ。コナへは成田から直行便も出ているらしいのだけれども、今回はホノルル経由で。今まで海外旅行は冬のカナダやオーストリア・イタリアしか経験が無いのですが、南国への旅行は軽装でいけるのが楽ですねぇ。
6時間半ほどの空の旅を経て到着したホノルル国際空港。飛行機からボーディング・ブリッジに移ってすぐに感じたのが、思ったよりも涼しいこと。気温もさることながらおそらく湿度が低いのでしょう。バスに乗り換えターミナルに移動する間、時折入ってくる風の涼しいこと!

面倒な入国検査を済ませ、コナ行きのハワイアン航空に乗り換えハワイ島へ。
この時自分は3人掛けの通路寄りに座ったのですが、相席になったのが二人のチベット僧。恐らく高僧とそのお付きの方らしく、チラッと見えたチケットの名義に"Lama"の字が見えました。帰国してから知ったことですが、ハワイ島にはチベット仏教の寺院があるそうで、そこの関係者の方なのかもしれません。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2008-05-24 23:38 | ハワイ旅行2008/5/5~10