いちとはぎの新婚生活


by clemenskrauss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:美術館( 1 )

東京都庭園美術館

少し前になりますが、東京都庭園美術館のアール・デコ展へ行ってきました!

アールデコが好きで、前々から庭園美術館が気になっていたところ、なんと、ずばり「アール・デコ展」が開催されるとのこと♪(10/1~10/13までで現在は終了)
しかも写真撮影可能の撮り放題。
これを行かずしていつ行くか!とはりきって出かけました。
f0022130_13592.jpg

「東京都庭園美術館は 朝香宮[あさかのみや]邸として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したものです。
建築の全体設計は宮内省内匠寮工務課が担当し、1階の大広間、客室、食堂、2階の殿下書斎、居間などの主要7室はアンリ・ラパンが担当。
ルネ・ラリックらフランス人デザイナーの作品を巧みに組み込み、アールデコの華やぎを日本で再現しました。」
f0022130_185371.jpg

と、説明文を読みつつ館内探索。
想像以上にステキな空間です♪
大食堂はパイナップルとざくろのランプ、それぞれの部屋にはかわいらしいラジエーターカバー、部屋ごとに異なる照明のデザイン等、細かいところまで気を配った設計にため息がでます。
f0022130_145029.jpg

f0022130_153064.jpg

カメラ小僧のように1人でパシャパシャ写真を撮りまくりました。
うちのデジカメは古くて手ブレ補正機能がないので、望遠がぼやけてしまうのが難点・・(ハギの腕のせいと目線で訴えるイチはスルー)
自分の好きなデザインで、妥協せずに何年もかけて作り上げた家に住むなんて、最高に贅沢だな~

一番好きなのが、正面玄関のガラスレリーフ。
こちらはルネ・ラリックが朝香宮邸のために制作した完全オリジナルです。
f0022130_1103543.jpg

いや~存分に堪能してきました☆

この美術館、面白いことに、展覧会の内容によってはドレスコードがあるのです。
アール・デコ展ではありませんでしたが、現在開催中の「1930年代・東京」展は、帽子をかぶって来館すると、一般1000円のところを、団代料金800円で入場できます。
そういうの好き( ´艸`)

ハギ
[PR]
by clemenskrauss | 2008-10-27 14:27 | 美術館