いちとはぎの新婚生活


by clemenskrauss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

何度目かの新築祝い

今日はハギのご両親とお兄さん夫婦、大叔母さんご一家が遊びに来て、何度目かの新築祝いをしました!

今回の献立は・・・
○鶏胸肉ハムのサラダ
○鶏の照り焼き
○オクラの味噌漬け
(以上担当者ハギ)

○イカのお刺身
○鯵のなめろう
○糠漬け
○胡瓜と茄子の浅漬け
○鶏肝の炒め物
(以上担当者イチ)

あとは、お母さんが胡麻の揚げ団子やイカゲソの唐揚げなどを揚げてくれました。どれも美味しかった!

午後1時開始、午後6時ごろ解散。
したたかに飲んで酔っていたいちやはぎ。みんなをマンションの下まで見送り、部屋に戻ったまでは憶えているのですが、気がついてみると何故か11時・・・そのままベッドで寝てしまっていたようです・・・

恐る恐るリビングに行ってみると・・・

f0022130_23465899.jpg

つわものどもがゆめのあと

これから後片付け頑張りまーす。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-06-30 23:49 | 日記
f0022130_012423.jpg 昨年くらいに読んだ本だけれど、ここしばらく寝込んでいる間に改めて読み直しました。

イタリア・ヴェスヴィオ火山の栄えた地方都市、ポンペイ。紀元79年8月24日の朝方から起こったヴェスヴィオ火山の大噴火によって、一夜にして火山灰と噴石によって地中に没したこの街の、建物の壁に刻まれた落書き(や広告・ポスターの類)を分類しさまざまな角度から分析し紹介してくれる一冊。

発掘されたポンペイの壁に刻まれた文字には色々な性格のものが存在している。例えば、選挙においてとある候補者への投票を呼びかけるもの。
「C=クスピウス=パンサを造営委員として金細工師一同は推薦する」などと、当時既に同業者による組合組織が存在し、それぞれ後援する候補者への投票を呼びかけているというのが面白い。こうした選挙ポスターが、2000年近く時を経た今なお残っているものだけで1000以上発見されているという。

もちろん遺された落書きはお堅いモノばかりではなくて、誰かへの罵りの言葉だったり、片思いの相手だったりするわけで、古代ローマの市井の人々の生の声が、彼ら自身の筆跡がわかる状態で残されているというのは、ちょっと言葉では言い表せないくらいロマンを感じるし興奮させられる。

中には情熱的な愛の言葉だったり、世の中を斜めに見ているようなひねくれた格言めいた言葉だったり(ちょっとカルミナ・ブラーナを思い起こす)、ホラティウスやホメロスなどの詩の一節を引用したものやもじったもの、果ては人気剣闘士の星取表だったりと、内容も多岐に渡っており、当時の市民生活の多様さと同時に識字率の高さをうかがわせる。

新書なので仕方がないのだけど、惜しむらくは実際の落書きの筆跡を実際に見られる写真例が少ないこと。今度もっと深く突っ込んだ本を手にしてみたい。

一昨年の11月に新婚旅行の途中ポンペイにも立ち寄ったのだけど、残念ながらそのときは壁の落書きには気がつかなかった。(保存のため観光客が気軽に立ち寄るところにはないのかもしれないけれど)もう一度訪れることがあれば、じっくり自由に歩き回りたいなぁ。

ある程度じっくり読んでも半日で読むことのできるお手軽なものなので、古代ローマに興味のある方は是非。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-06-29 00:02 | 積読日誌

吊りアイビー

昨日に引き続き、我が家の植物くんたちをご紹介。

f0022130_2353169.jpg

アイビーを小さなポッドを籠の中に入れて、ピクチャーレールからぶら下げています。アイビーには本当に沢山の種類があるようなのだけれど、自分が知っているものの中ではコレが一番好き。写真では解りにくいと思いますが、葉の色がとても綺麗なんですよ。

赤羽のインテリアショップで一鉢買って3つに株分けして、↑と同じものを2つ、あとはパキラの足元に這わせています。

ウチに来てからもう2ヶ月近くになるのですが、ちょっと油断すると葉ダニが出てきてしまって困っています。
これからの季節、今以上に気をつけてあげないといけませんねぇ。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-06-28 00:04 | ガーデニング

ベランダガーデニング

ここ3日間、高熱と咳、頭と胸の痛みが酷くて寝込んでいました。
まだ微熱と咳、胸の痛みが残っているものの、だいぶ動けるようになってきました。昔は風邪ひいても熱が出ることなんて滅多になかったんですけれどねぇ・・・。


さて、先々週の週末、本棚の製作に必要な工具を買いに近所のホームセンターに出かけた折に、プランターとバジルとローズマリーの苗を買ってきました!

もともと引越しをしたらいろいろと植物を育てたいと思っていたものの、川沿いということもあってベランダの風の強さになかなか勇気がでなかったのですが、背の低い植物であれば大丈夫っぽいことがわかり、この度遂にガーデニングもどきを開始した次第。

60リットルの大きめなプランターと一緒に購入したのはバジルとローズマリーの苗。あわせて違う種類のバジルとパセリの種も購入してきました。

f0022130_0162611.jpg

バジルとローズマリーとクマの図。

f0022130_0173863.jpg

一週間ほどしてようやく可愛い芽が出てきたのですが、ここで問題発生!

えーと・・・ここに蒔いたのなんだっけ?(笑)
たしか右側にパセリを、左にバジルを蒔いた気がするのだけど、逆だったかな?
ちなみに右側はヒョコヒョコと小さな芽が出てきているのですが、左側は何の音沙汰もなし。まあ、もう少し大きくなるまで様子を見るとしましょうか(笑)

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-06-27 00:25 | ガーデニング

糠漬け

f0022130_101437.jpg先日に引き続き漬物。
先週の土曜日、遂に以前から憧れていた(?)糠漬けに手を出しました!

近所のスーパーで糠味噌とタッパのセットが売っていたので、思わず衝動買い。子供の頃母親が漬けていたということもあり、やはり糠床は糠から手作りするものというイメージがあったので、出来合いの糠味噌には少しだけ違和感があったのですが、やはり手軽さには勝てません(笑)

糠漬けを始めて一週間。とりあえず糠味噌を美味しくするため大蒜と昆布を入れ、胡瓜やら茄子やら蕪やら人参やらを漬けて楽しんでいます。
これから時間をかけて味噌がこなれてくれば、きっといちやはぎ家の味になっていってくれると思います!

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-06-24 01:10 | 料理
土手に面して建っている我が家。
立地は本当に最高に素晴らしいのですが、唯一心配だったのが夏の虫。真っ暗い土手にたむろする虫たちにとって、高々と聳え立ち一晩中煌々と灯りを照らすマンションは、あたかも漆黒の海を照らす灯台の明かりのように見えるはずで、港を目指す船乗り達のようにわさわさと集まってくるのは想像に難くありません。
先日はまさに恐れていた状態に近くて、玄関前にはころころとたくさん虫がころがり、家の中にも3匹ほど進入を許してしまいました。

夏の間これから毎日こんな感じなんか・・・と覚悟を決めていたのですが、翌日は拍子抜けするほど虫の影もありません。うーむ・・・しばらく様子を見てみたいと思います。


さてさて、本棚の話。今日は設計について書き留めておこうと思う。
自分が壁一面の本棚を設置したいと思っているのは7.5畳の洋間。端から端までは4mほどあり、天井は2m50cmだが、壁際10cmほどは25cmほど下がっている。この壁一面に本棚を作りつけるわけだが、素人が横幅4mもある本棚をいきなり作り始めるには荷が重過ぎるし、作業場所も足りない。棚板の強度の問題もあるし、ここはやはりいくつかのパーツに分けて作って横に並べるのが得策である。

清く正しい本棚の作り方の主の方は棚板に21mmの厚さの板を使い、幅650mm程の棚を作られている。一方壁一面の本棚の作り方の主の方は18mmで866mmとのこと。ランバーコア材とラジアタパイン集積材と、それぞれ棚板の材質の違いもあるが、本棚を設置される部屋の環境や木材の入手状況、好みなどによって厚みも長さも違うようだ。ただやはり、長く使用するにつれて本の重さにたわむようでは見た目も悪いし、なにより強度的な不安もあるので、ある程度の厚みが必要だろう。

自分の場合、扱いやすそうな800mmほどの横幅で作成することにした。これを5本並べれば4mの壁に一面の本棚が完成するはずだ。材質によっても最低限必要な厚みというのは違うと思うが、比較的廉価で丈夫で扱いやすく木目も美しいパイン積層材の25mmを使用することにした。

次回は設計についてもう少し突っ込んで書きとめておくつもり。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-06-23 23:54 | DIY
我が家の夏の定番、胡瓜と茄子の浅漬け。冷蔵庫でよく冷やした浅漬けをシャキッと噛み締めると、体感気温が5℃くらい下がるような気がしますよね。

まぁ料理なんて大層なものじゃありませんが、自分のためのメモ代わりに書いておきます。

f0022130_23494050.jpg

・胡瓜 適量
・茄子 適量
・生姜 適量
・大蒜 適量
・塩、醤油、かつをだしの素、昆布茶

胡瓜と茄子を適当な大きさに切って生姜・大蒜・調味料を好みで加えてよく揉み、重しを乗せて半日後くらいから美味しく食べられます。
普段は大蒜ではなくて紫蘇で作るのですが、先日たまたま紫蘇を切らしていたので大蒜を試してみたら大正解。これなら食欲がない時でもガツガツいけます(笑)

よく晴れた夏の日に、キンキンに冷えたビールとよく合いますよ!

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-06-18 23:51 | 料理

パールくん ふたたび

昨日、この間一緒にフリマをやったあっさまご夫妻+パールくんが遊びに来ました!

動物好きのいちやはぎ家。せっかくペットOKなマンションだし、ゆくゆくはイヌかネコを飼いたいと思っているものの、共働きで日中留守にしてしまうこともあって未だペットを飼うには至っていません。
ハギは実家でネコのミッキーを飼っているだけあってネコ派、自分はどちらかと言えばネコ派なのだけど、イヌもいいしリクガメもかわいいし・・・とどっちつかずだったのですが・・・

f0022130_23101968.jpg

べろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろべろ・・・

あー、イヌ良いです(笑)


f0022130_231225.jpg

快晴の空の下、土手で佇むパールくん。

こうして実際にかわいいワンコと遊んでみるとイヌも良いですねぇ~~。
また遊びに来てね!

イチ

パールかわいかった~♪
イチに負けず劣らず、まんべんなくべろべろされました(笑)
何か持ってこようと立ち上がるたびに、パールが足元にじゃれついてくるという
アニメでしか見たことがないような光景が広がった昼下がりでした☆

遊びに来てくれてありがとう、また皆で来てねーヾ(´∀`*)o

ハギ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-06-17 23:51 | 日記
本好きのいちやはぎ家。しかも読む本の傾向がほとんど重ならないため、引越し前の家では本棚の中に全ての本が入りきらず、お気に入りのSimple Styleで棚を買ったものの焼け石に水。結局最後までダンボールの中に入りっぱなしの本が多数という状態でした。(ちなみに自分のCDに至っては一つ残らずダンボールのままでした・・・)

常々、いつかは天井まである壁一面の本棚のある書斎が欲しい・・・と思っていたのですが、このほどようやくその夢に向けて動き出しました!


まず、本棚を作成する際に参考にさせていただいたのは西町「頑固堂」書店さまの「清く正しい本棚の作り方」。
ここのご主人が書かれている本棚を自作する理由に、まさに我が意を得たり!と膝を打ったわけです。曰く、市販の既製品はやたらと奥行きがあり、天井まで届く高さのものがなく、棚板がヤワであると。奥行きがあまりありすぎるとスペースが無駄になるだけでなく部屋の圧迫感が増すし、本棚を天井まで伸ばすことによって耐震性も増し、見た目もすっきりして部屋が広く感じるのです。

また、自分と同じように上記のページに触発されてDIYで本棚を作られた方のページ壁一面の本棚の作り方も大いに参考にさせていただきました。

こうして見事な本棚を作られた方々の解説を拝見し、これなら自分でもできそうだと思った次第。


次回は採寸から設計について書き留めておく予定。

いち
[PR]
by clemenskrauss | 2007-06-16 23:22 | DIY

フリマ!

f0022130_96202.jpg先日、あっさまご夫妻と一緒に明治公園にてフリマをやってきました!

ハギは以前に何度か友達とやったことがあるそうなのですが、僕は全く初めて。我が家からはハギの不要なカバンや洋服を出品したのですが、我々のように家庭内の不要物を出している人もいれば、明らかにプロっぽい人など、いろんな人がいてなかなか面白いものですね。

そんな中、古いラジオ等を並べた店の玄人っぽい親父店主と、中年男性のお客の会話がちょっとツボりました。長細い、古いレコーダのようなものを手にしたお客が、店の親父に尋ねています。
お客:「これ、どこの?日本?」
店の親父:「日本だよ!」
お客:「こんなの、当時売ってたんですねぇ」
店の親父:「あぁ、売ってたよー!」
お客:「そうなんですかぁ、初めて見ましたよ」
店の親父:「俺も初めて見たよ!」

もう、明らかにお客の言うことをオウム返しにしてるだけっぽいです。

隣にはどこかの国の民芸品みたいなものを並べている店があって、ここの店主が椰子の実を半分に割ったようなモノを手にしながら、

店の親父:「これ良いだろ~、灰皿なんだよ。良いよコレ~・・・まったく、俺が欲しいよ!!」(何故か語気を荒げて)

売り物なんかにしないでずっと持っててください。


そんなこんなで、朝の9時から午後2時半ごろまでお店を開いて、いちやはぎ家の結果がこちら。

今日の売り上げ ¥1,350
今日の交通費  ¥1,860
東京厨房のお弁当 ¥1,300
素敵な思い出 priceless...

って、思い切り真っ赤でしたが(笑)天候にも恵まれお日様の下本当に楽しい一日でした。
また、秋になったらやりましょう!

(写真は看板犬のパールくん。めちゃくちゃいい子で可愛かった!)

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-06-09 10:04 | 日記