いちとはぎの新婚生活


by clemenskrauss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

出発は朝5時。いちやはぎ家は義兄の車の後ろにちょこんと乗せていただいたわけで、長距離をひたすら運転してくれた義兄と兄にはひたすら頭が上がらないのであります。

途中海老名SAで兄一家の車と合流し、SA名物のメロンパンを賞味しつつ一路西へ。
浜名湖SAで一旦休憩し、やはり名物の鰻の串焼きを頂く。自分は普段鰻はあんまり好んで食べる方ではなくて、土用の丑にもなぜかイカを買い込んだりしているくらいなのですが、この串焼きは香ばしくて本当に美味しかった!
f0022130_23511523.jpg

天気は上々。まだ朝9時前と言うのにすでに炎天下と化しております。


その後再びひたすら西へ向かい、いよいよ三重県伊勢市へ!
まずは伊勢神宮へ参るため外宮へ。
f0022130_0213138.jpg
五十鈴川で涼んだり、お社を巡ったり、勾玉池で亀を眺めたりしたわけですが、なにより感動したのが境内に聳え立つ木々の巨大さ。根元に立つとその頂がまるで天を衝くようで、その途方も無さにしばしの間時を忘れて見入ってしまいました。

f0022130_074458.jpg

これは清盛楠。現地には特に謂れが書かれていなかったのですが、帰宅後調べてみたところによると、清盛が勅使として参向した際に冠に当たった枝を切らせたという伝説があるとか。
伝説の真偽はわからないけれど、確かに清盛の時代からその場に生えていたと信じられるだけの風格と存在感のある楠でした。

隠れ古木巨木好きにはたまりませんです。
イチ

(9/2追記)
写真を見ていて思い出したのですが、五十鈴川は外宮ではなく内宮でしたね。また、上の巨大な杉の木も内宮でしたので訂正しておきます。
[PR]
by clemenskrauss | 2007-08-26 23:40 | 伊勢志摩旅行2007/8/19~21

伊勢志摩旅行 出発前

先日、伊勢志摩へ2泊3日の旅行へ行ってきました!
これは母の還暦祝いに、兄一家・姉一家・いちやはぎ夫婦で母を旅行に招待したもの。小さな頃から家族旅行なんてした記憶がほとんど無い我が家にとっての初めての家族旅行は、ちびっこ4人を含む総勢11名という大所帯になりました。

計画をしてくれたのは主に姉なのですが、まず行き先を決めるのに一苦労。やはりちびっこが多いのでおのずと行動範囲が狭まってしまい勝ちなのですが、やはり折角なのでみんなが行ったことが無い所にしたいということで、はるばる三重県まで兄と義兄が車を出してくれることになりました。

伊勢といえば伊勢海老と伊勢神宮!(単純)そして三重県といえば松坂牛は外せません。
このあたりをきちっと押さえつつ、いちやはぎ家も図書館でガイドブックを借りてしっかりと予習をしておいたのでした。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-08-26 23:39 | 伊勢志摩旅行2007/8/19~21

小鯛のアラの潮汁

小鯛の酢〆で出たアラがもったいないので、潮汁にしました。

f0022130_23234476.jpg

アラはきれいに洗って水気を拭いて少し塩をしてしばらく置いてから、熱湯をかけて臭みを落とす。水・酒を入れた鍋を火に掛け、きれいにしたアラ・生姜・冷蔵庫に余っていた大根を投入。後はアクを取りながら塩で味を調えてできあがり。
この日は三つ葉が無かったので入れてないけど、普通は是非入れたいところですね。もっと新鮮な鯛なら生姜もいらないかも。

簡単だけど、こんなに良い出汁が出るのに捨ててしまうのはもったいない!

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-08-26 23:12 | 料理

小鯛の酢〆

と言うわけで2尾購入した小鯛。1尾はアクアパッツァ風なオーブン焼にしましたが、もう1尾は簡単に酢で〆ました。

f0022130_0395834.jpg


小鯛を3枚におろし、両面に少し強めに塩をして余分な水分を出す。(ここで出るアラは捨てません。もったいない!小鯛のアラの潮汁は別のエントリで・・・)
しばらくしたら酢で塩を流し、改めて酢で浸す。身が白っぽくなってきたら出来上がり。

こんなに簡単で良いのかと思うくらいなのだけど、これも実に美味い。写真うつりが若干汚いですが、実際にはもうちょっと桜色で美人な小鯛さんでした。
塩と酢で小鯛の美味さが凝縮される感じで、醤油も山葵もなしにそのままの味で良い肴になります。
昆布〆でも美味いでしょうね。今度またやってみよう!

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-08-17 00:34 | 料理

小鯛のオーブン焼

行きつけのスーパーの鮮魚売り場で1尾500円の小鯛があったのです。ふーん、そんなものかぁと思って目を横に移してみると、2尾500円の小鯛の姿がそこに。別に大きさが違うわけでも、鮮度がそう違うわけでもなく、2尾に見えて実は1尾の半身×2切れと言うわけでもなく、腑に落ちないながらも2尾500円の小鯛を買って帰りました。

で、今夜の食材は小鯛。実は初めての食材だったのですが、レシピを検索してみて一番おいしそうだったアクアパッツァ風を作ってみることにしました。

f0022130_23504747.jpg


小鯛 ・・・ 1尾
茄子 ・・・ 1本
トマト ・・・ 1個
アスパラ ・・・ 2本
ぶなしめじ ・・・ ちょっと
ネギ ・・・ 半分くらい
大蒜 ・・・ ひとかけ
白ワイン ・・・ ちょっと
オリーブオイル ・・・ ちょっと
塩・胡椒・パセリとか

小鯛はエラ・内臓を出して洗ってから水気を良くふき取り、塩胡椒をして置いておく。その間に大蒜やネギを細かく刻んでおく。
耐熱容器にオリーブオイルを少しひき、大蒜やネギをお腹に詰めた小鯛を乗せ、野菜を適当に盛り付ける。
最後に再度オリーブオイルと白ワインを振り掛け、あらかじめ220度に予熱しておいたオーブンで20分ほど加熱して出来上がり。

本当に簡単で、ちょっと豪華で、何より美味い!(ちょっと容器が焦げ付いてしまって、見栄えが悪いけど)
今回はたまたま無かったので使いませんでしたが、パセリやセロリを使えばもっと香り高くて美味いでしょうね。トマトも、あれば2,3個入れても良かったし、アスパラも茄子ももっと入れても・・・って、あんまり入れたら主役を食っちゃいますね(笑)
今度お客さんが見えたときにでも、また作ってみようかと思います。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-08-16 23:31 | 料理

暑気払い

連日笑っちゃうくらいの暑さが続いていますね。こんばんは、気温と投稿間隔が反比例するいちやはぎです。

昨夜は高校時代の友人・後輩達と飲み会。場所はいつもの東方見聞録。卒業してから十数年、それぞれ自分の道を歩んでいる話を聞くことができて本当に楽しかった。みんなそれなりにオヤジ化を伴いながらも、昔の仲間と集まると途端に当時と変わらない表情に戻れるから不思議。これまでに何度一緒に飲んだか解らないメンバと、何度話したか解らないような話題でありえないくらい盛り上がれるって素敵ですねぇ。

それにしてもみんなよく呑む!どんだけ呑んだかよく憶えてないんですが、結構酔っていたらしく、帰宅後すぐにバタンキュー状態だったらしい。
前夜はハタチそこそこのテンションで盛り上がった私ではありますが、肝臓のアルコール処理能力は確実に年齢相応であるらしく、軽い二日酔いのおもーい身体を引きずって猛暑の中会社へ向かったのでした。ふむー。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-08-16 22:57 | 日記

西瓜のお漬物

先日ハギが実家から西瓜をもらってきました。
よーく冷やして食後に二人で頂いて(とても甘くて美味しかった!)から、あまった皮を糠漬けにしてみました。
f0022130_06424.jpg

普段は捨ててしまう西瓜の皮なのに、涼しげで夏らしい色合いでとってもきれい。
ほんのり甘くて歯ごたえがあって、冷やして食べるとなかなかでした。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-08-09 23:50 | 料理

お祭!

f0022130_23383927.jpg土曜日は近所の五丁目団地で行われたお祭へ行って来ました!引越し後初めてのお祭だし、ハギの実家にも近いので、お互いの母親を呼んで4人で繰り出しました。

写真は20(?)年ぶりに着た浴衣。もうちょっと恰幅が良いと似合うのでしょうが、鏡越しに見た自分の浴衣姿は、なんとなく浪人っぽかったり。お腹にタオルでも巻けばよかったか・・・

このお祭、ハギは中学生の頃に友達とよく来ていたとのこと。櫓も建っていて、太鼓を叩いたり歌手の方をお招きしたり、出店が一杯出ていたりと、本当に大賑わい。
小さな町内会のお祭って余所者が入り込む隙が無くて、どうしても疎外感を感じてしまうのだけど、これだけ大きな規模のお祭だと素直に楽しめます。

1パック100円の焼そばやつぶ貝やイイダコの串を片手に一杯200円の生ビールをたらふく飲んで、カキ氷を食べ食べハギの実家へ寄って、しばらく休んでから帰宅しました。

来年も、またみんなで行きたいと思います!

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-08-06 23:31 | 日記

ホウボウ

先日イカと一緒に購入したホウボウ。この日は彼を刺身とお味噌汁にしました。

f0022130_9571049.jpg

こんな顔。愛嬌がありますよね!変わった形のお魚ですが、普通に三枚におろせるんですね。
そもそも今回ホウボウを買ったのも、「こんな魚さばいてみたい!」なんて不純な動機からだったりします(笑)

f0022130_103890.jpg

こんな風になっちゃうと、もう普通の魚と変わりありませんね。お刺身はもちもちの食感で美味。
これはきっと焼いても煮ても美味いんだろうなぁ。

f0022130_1031751.jpg

ホウボウはいい出汁が出ると聞いたので、アラはさっとお味噌汁に。
におい消しに生姜と、隠し味に大蒜の下ろしたものを少し入れてあります。コクがあってとても美味いです。

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-08-03 23:52 | 料理

足立の花火

先週はついうっかり更新をさぼりがちにしてしまったのですが、実は色々とイベント盛りだくさんな日々だったりしたのです。

7/26(木)は足立の花火大会がありました。これは西新井あたりの荒川河川敷で打ち上げられる花火大会で、同じ川沿いとはいえ直線距離でウチからは約5~6kmあるのですが、せっかくの引っ越後初の花火大会、自宅の部屋からはさすがに無理としても目の前の土手から見えるものなら見ない手はありません。

そそくさと仕事を切り上げ、いつものように土手の上を金八先生風に歩きながら帰宅していると、花火大会の開始にはまだ少し時間があるのに、すでに場所取りをしている地元の方々の姿が。
自宅マンションの前には、敷物を広げて早くも一杯やっている集団もあったりして、まだ明るいうちから打ち上げ会場より遠く離れたこの地で静かに盛り上がっている様子。

帰宅するとハギがお酒や食べ物を仕入れていてくれたので、保冷バックに詰め込んで敷物を持って、いざ土手へ。
目の前の土手は少し草が伸びてきていたし、せっかくだから少しでも花火に近い方にと下流を目指して土手を歩くこと1kmほど。土手の上には近所から本当にたくさんの人が集まって来ていて、イスやテーブルを持ち出している家族連れやチャリンコにまたがってワイワイやっている中高生、車椅子に座った年配の方等など、会場から遠く離れているとは思えないほどの盛況ぶり。

敷物を広げるのに良さそうな場所を見つけて腰を下ろしビールを飲んで待っていると、いよいよ花火が打ちあがり出しました!

f0022130_2313416.jpg

さ、さすがに遠いー。でも、写真では米粒大くらいにしか見えませんが、実際には小豆大くらいには見えましたよ。実際、予想したよりはちゃんと見えたし、なにより夏の夜にのんびり河の風に吹かれながらお酒を飲むなんて贅沢じゃありませんか。

また来年も、のんびり自宅前で楽しみたいと思います!

イチ
[PR]
by clemenskrauss | 2007-08-02 23:17 | 日記