いちとはぎの新婚生活


by clemenskrauss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
f0022130_15414.jpg徳川家に伝わる徳川四百年の内緒話
著:德川宗英
文春文庫

先日の『徳川慶喜家にようこそ』に続いて、徳川家のご子孫によるもの。

德川慶喜の曾孫である德川慶朝氏による『德川慶喜家にようこそ』が純粋なエッセイであるのに対し、御三卿の田安德川家第11代当主たる德川宗英氏の著作は、よくある雑学ものといった感じ。(でもワタクシ雑学ものも好きなんです(笑))

「徳川家に伝わる徳川四百年の内緒話」と言いつつも本当の内緒話はほとんど無く、どこかで読んだような話が多いのだけど、それでもこの本をただの雑学本ではなくしているのが、やはり著者の德川宗英氏の出自であり、氏ならではの話題でしょう。
德川慶朝氏よりも一世代上である宗英氏は、戦前の華族の暮らしを直接に体験した世代であるだけあって、お女中が何十人もいる中で「若様」と呼ばれて育てられたという話は、なんだか遥か昔の物語のような気がしてしまいます。

個人的に初耳だった話をいくつか書き留めておこう。

大政奉還後、德川慶喜が将軍職を辞したあとに德川の宗家を継いだ德川家達が、大正三年に内閣総理大臣の就任を要請され、天皇の下命まであったにも関わらず辞退していたとの事。この決断に対し、朝日新聞は「高貴でおおらかな家達氏は、政治の濁流にもまれるべきではない」と賛意を表明したのだとか。
なおこの家達、慶喜に対して心穏やかならぬ思いもあったらしく、一族の集まりの場で慶喜が床柱を背に座っていると、遅れてやってきた家達が「おや、私の座るところがない」と言ったという。

德川光圀は隠居後、野良仕事に精を出し年貢まで納めていた(笑)

德川宗英氏の曽祖父戸田氏共は明治の初年にオーストリア公使を務めていたのだが、なんとヴィーンの公使館にヨハネス・ブラームスがやってきて極子夫人の弾く琴を聴き、お礼に楽譜にサインをしてプレゼントしてくれたらしい。ブラームスが日本の音楽の楽譜を手に入れ、一部には本人によると思われる書き込みがあることや、どこかで琴を聴いたことがあるらしいと言うことは知っていたけれど、てっきり1873年のヴィーン万国博覧会での出来事かと思っていました。
戦災により戸田家の邸宅が焼けてしまったため、確たる証拠が残っていないというのは本当に残念。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-06-25 23:45 | 積読日誌

西武球場前ゆり園

6月14日の土曜日はハギがお出掛けだったので、前日にテレビで観た所沢のゆり園へ母を連れて行きました。

巣鴨で待ち合わせ、池袋から西武池袋線で西所沢まで行き、西武狭山線に乗り換えお昼頃に西武球場前に到着。電車の中で、目の前の座席の人が広島東洋カープのTシャツを着ていたので不思議に思っていたのですが、ちょうどこの日はプロ野球交流戦の西武対広島が行われるとのことで納得。

f0022130_23263785.jpgそう言えば、この日は地下鉄副都心線開通の日でした。西武球場前駅でも式典が行われるらしく、くす玉が準備されていました。

球場前の屋台で、生ビールや団子、ばくだん焼きを買って軽い昼食。天候にも恵まれ、最高に気持ちが良かった!

f0022130_23274273.jpg食べ終わってから、歩いてすぐのゆり園へ。見渡す限りの百合・ユリ・ゆり!

f0022130_23275018.jpgゆりにこれほど多様な種類があるとは知りませんでした。母に付き合って行ったつもりが大満足でした。

f0022130_23485977.jpgゆり園を出、そのまままっすぐ帰るのももったいないので周囲を散策。近くの狭山不動尊と山口観音へ参拝しました。
狭山不動尊には徳川幕府第2代将軍秀忠の廟に建立されていた御成門などが移築されており、境内には増上寺から運ばれた灯篭が多数置かれています。帰宅後ちょっと調べてみると昭和50年に開基されたお寺との事。どういったいわれがあるのでしょう?
本堂前の総門は毛利家の江戸屋敷の門を移築したものらしく、あちこちから古い物を集めた古刹風新刹というちょっと不思議なお寺ではあります。
一方の山口観音は弘法大師が開いたと言うほどの古刹なのですが、新しそうな中国風の朱塗りの塔があったり、階段の両側にこれも真新しい巨大な龍がのた打ち回っていたりと、ちょっと不思議なお寺。狭山不動尊とは妙なコントラストを示しています。

その後狭山湖を散策し、山口観音前のお蕎麦屋さんでそばを頂いて帰宅。
母の携帯電話についている万歩計によると、帰宅まで実に13,000歩以上歩いたようですが、母の足が痛くならずに良かった。充実した梅雨の晴れ間の休日となりました。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-06-24 23:15 | 日記
f0022130_04259.jpg徳川慶喜家にようこそ
著:德川慶朝
文春文庫

德川幕府第15代将軍德川慶喜公の曾孫、德川慶朝さんのエッセイ。

大河ドラマの『篤姫』でもそろそろ露出が高くなってきている徳川慶喜。権現様の再来と呼ばれたと思えば、江戸幕府を潰した張本人と言われてみたり、はたまた旧幕臣から「貴人、情けを知らず」と恨まれたと思えば、泥沼の内戦を避けて日本国を植民地化から救ったと言われてみたり。日本史の中でもこれほど毀誉褒貶の相半ばする人物は珍しいのではないでしょうか。
『篤姫』の中ではあまり良い取り上げられ方をされそうにありませんが、慶喜が将軍に祭り上げられた経緯や、短い在位期間で将軍としてなそうとしたこと、大政奉還後の暮らしなどに興味があったのでこの本を手にした次第。

で、読了してみての感想。この本には「わが家に伝わる愛すべき『最後の将軍』の横顔」という大層な副題が付いていますが、この副題に釣られてこの本を手にしようと思った方は読まないほうが吉。ご自身がカメラマンと言うこともあり、慶喜の後半生の趣味の一つであった写真を世に出した功績は大変大きな方ですが、ご自身が文中に打ち明けられている通りもともと歴史に興味が薄いこともあってか、慶喜についての内容は大変薄い。
更に慶朝氏の好みのタイプやらお勧めデートコースやらを延々と読まされるのには正直閉口させられるし、空想の中の彼女(氏は文中で再三全くもてない事を強調しておられる)と鎌倉をデートした後彼女にシャワーを勧めて家に誘い、彼女が風呂に入るとすぐさま着ていたものを洗濯機に入れてしまい、「ぼくも汗かいちゃったもので」と、何食わぬ顔でお風呂にお邪魔する・・・なんてくだりを読んだ時には、あまりの気色の悪さに鳥肌が立ちました・・・。

ただし、明治・大正・昭和と時代が下るに連れて慶喜の子孫達の辿った(失礼ながら)没落の道は大変興味深い。貴族院議員・華族世襲財産審議会議長を務めながらも39歳の若さで急死した息子の慶久、父の後を継いで公爵となりながらも宮勤めの一介のサラリーマンとなり、二等兵(!)として出征して中国各地を転戦し、戦後なんとか帰国するも膨大な財産税が払えずに家屋敷を手放さざるを得なくなった孫の慶光。
今も殿様のような旧華族がいる一方、一時は武士の長たる将軍職まで上り詰めた徳川慶喜の子孫達の辿った道を思うと、なんだか複雑な心地がします。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-06-17 23:38 | 積読日誌
閑話休題。

日も暮れる頃、ようやく今夜の宿マウナ・ラニ・ベイ・ホテルに到着。

f0022130_053260.jpgロビーでレイを首にかけてもらい(おお、ハワイらしい!(笑))中へ。まるで熱帯植物園のような中庭を取り囲むようにロビーや客室が作られており、薄暗い照明に浮かび上がる木々の姿はとても幻想的。それでいて日中はとても開放的な雰囲気の素敵なホテルでした。

f0022130_0544265.jpgホテルの部屋からのプライベートビーチの眺めはこんな感じ。


夕飯はホテル内の海の見える野外のレストラン。ここは照明にライトの類を一切使っておらず、松明とテーブル上のキャンドルの明かりのみなのだが、これがとても素敵。
残念ながら同行者の目もあり料理の写真を撮れなかったのだけど、やはりハワイということでポキをはじめとした地元の料理を中心に頂いた。一口にポキと言っても随分とバリエーションがあるのだろうけど、ここではカクテルグラスに野菜やアボカドか何かのペーストと一緒に、ダイス状のマグロが入っていたように思う。美味。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-06-16 23:52 | ハワイ旅行2008/5/5~10

睡蓮鉢

先月、念願だった睡蓮鉢でのミニビオトープもどきをはじめました!

もともと生き物好きのワタクシ。犬やネコ、カメ、熱帯魚やオニオオハシを飼いたい(最後のは無理か…)とは思うものの、共働きな現状では難しい。そんな中知ったのが、マンションのベランダでもできる睡蓮鉢を用いたミニビオトープもどき。
まあ本来の意味でのビオトープとは似ても似つかないものの、睡蓮鉢というたかだか直径4、50cm の空間の中で簡単な生態系ができ、穏やかな箱庭的循環型社会が出現するなんて、それだけでワクワクするじゃあありませんか。
f0022130_0345019.jpg赤羽のホームセンターで白めだか5匹、ヤマトヌマエビ2匹、スジシマドジョウ1匹、石巻貝2匹に温帯睡蓮とホテイアオイを購入。ネットで注文した睡蓮鉢が届くまでの間、バケツの中でのんびりしてもらいました。

f0022130_0351678.jpgやがて届いた睡蓮鉢に移動。
下に軽石を敷きてから静かに汲み置きしていた水を入れ、睡蓮の鉢を真ん中に置きました。
ただし、この軽石は後日家に余っていた赤玉土とハイドロカルチャー用のセラミックボールに半分以上入れ替え。ごろごろした軽石は、まだ細身のドジョウくんにはちょっと痛そうで・・・

f0022130_036153.jpg設置後。
流木を睡蓮を入れている鉢の上に置き、あいている穴にミズゴケを入れてアイビーやヒメシャクナゲを挿し芽しています。

f0022130_0354880.jpgその後水草のカボンバとウィローモス、スジシマドジョウ2匹に石巻貝3匹、ヌマエビ(正確な名前は解らないのだけど、ミナミヌマエビに近い種の外来種らしい)2匹を購入。
ヌマエビはお店の最後の2匹だったのですが、よくよく見ると生まれたての稚エビがいっぱい。店員さんにお願いしてオマケして頂きました。

6月に入るとどうやら紅一点らしいメスメダカがどんどん卵を産み始めたので、仕事から帰宅後に睡蓮鉢を覗いては、ホテイアオイの根にくっついた卵を、卵と稚魚専用のバケツに回収するのが日課となっています。

6月10日の朝には、遂に念願の稚魚第一号が誕生!
透き通るような身体に目をクリクリさせた、2mmにも満たないようなあどけない姿を発見した瞬間、思わず声を挙げてしまいました。
みな、元気に育ってくれることを願っています!

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-06-12 23:11 | めだか日記
f0022130_1305859.jpg家庭菜園。こんなプランターが2つあり、小松菜・ラディッシュ・小カブ・サニーレタスの種が蒔いてあります。
一時アブラムシが多くて困っていたのですが、サラダ油少々と石鹸をトウガラシ抽出液に混ぜたものを噴霧したところかなり効果がありました。
本当は、これらを収穫した後にアスパラでも植えようと思っていたのですが、いつの間にかホームセンターからアスパラが消えてしまい・・・挑戦するのはまた来年かなぁ。
f0022130_1321710.jpg写真は初収穫したラディッシュ。
鮮やかな赤と緑が素敵。種から自分で育てた野菜は、なんだか美味しいような気がしますよね!葉っぱもお味噌汁に入れて残さず頂きました。
昨日は間引いたサニー・レタスを焼きそばに入れて頂きました。小松菜もそろそろ収穫できそうなので、お浸しにでもして頂こうかと思っています。ああ、土いじりって素晴らしい。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-06-05 01:30 | ガーデニング
f0022130_1125141.jpgアイビーとワイヤー・プランツ。
アイビーは2年生。冬の間寒風吹きさらしのベランダに出しっぱなしで紅葉していたような子ですが、虫害にも無縁で元気な良い子です。さすがに鉢が小さくなって、水もちも悪いし徒長してしまっている感じなので、植え替えてあげたいところ。
ワイヤー・プランツは5月4日にハギと吉祥寺に遊びに行った折に購入したもの。僕が翌日の5月5日から10日まで家を明けてしまい、帰宅したらほぼ枯れてしまっていました・・・。望みのありそうな部分を残し、ひたすらダメになったところをカット。その後約一ヶ月でだいぶ復活してきてくれました。頑張って!

f0022130_1125963.jpgコンシンネ。
この子は前の家からなので早3年生。ハギ兄たちとIKEAに行った折に購入したものです。
鉢も替えず、ほぼほったらかしにも拘らず元気。なんだか申し訳無いのでいい鉢があれば植え替えてあげたいと思っていたのだけど、最近意外と似合ってるような気がしてきました。(やっぱり放置か!?)

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-06-05 01:27 | ガーデニング
f0022130_0402225.jpg衝動買いしてしまったガジュマル。まだ我が家にやってきて一ヶ月ほど。
前々から欲しかったのですが、こうしてまじまじと見るとやはり可愛い!これからも味のある樹形に育ってもらいたいです。


f0022130_0403627.jpg先日の箱根旅行の際、星の王子様ミュージアムで種を購入したバオバブ。2粒のうち1粒だけ発芽してくれました。このまま元気に成長して欲しいのですが、なかなか大きくならずヤキモキしてしまいます。
僕はこの子を盆栽風に育てたいと思っているのですが、ハギが賛成してくれるかどうか?(笑)


f0022130_0471272.jpgビンカ・マジョール。
この子もまだ1年生なのですが、水をやりすぎてしまった時期があり一時とても危険な状態に。現在はなんとか持ち直してくれたか・・・といったところ。うーむ、頑張って!

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-06-05 00:36 | ガーデニング
突然ですが、6月現在のわが家の植物くんたちのご紹介~。

f0022130_0195478.jpgまず、わが世の春とばかりに咲き誇ってくれている宿根ネメシアとロベリアの寄せ植え。ゴールドクレストと、写真では見えないけれどプミラが足元を這っています。
昨年はミニバラに挑んでは失敗していたのですが(汗)、今年植えたこの子たちは本当に花持ちも良く丈夫!4月に植えてからロベリアは咲きっぱなし、ネメシアも一度花が終わりかけたのですが、咲き終わった花芽をこまめに切り戻して上げると新しい花芽をどんどん出してくれます。どちらも最初はこれほど大きくなかったのですが、あっという間に同居人たちをかくしてしまうほど成長してしまいました。

ゴールドクレストとプミラは2年生。プミラは一度虫にやられて無残な姿になってしまったのですが、もうすっかり復活してくれました。加えて5月頃から謎の草がアチコチから芽を出してきました。これは何ぞやと考えるに、昨年の観賞用トウガラシではないかと。そういえば昨年見頃を過ぎたトウガラシの種を土の上にばら撒いたような・・・
まあ、よく解らないのでもう少し様子を見ようと思っています(笑)

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-06-05 00:23 | ガーデニング
コーヒー販売所を後にし、プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園(長い・・・)へ。

f0022130_2344310.jpg山の麓にあるコーヒー販売所から海岸沿いの国立歴史公園まで降りると、曇りがちではあるものの雨はすっかり上がっていました。山を見れば相変わらず雨が降っているようで、普段だだっ広い関東平野に住まっている自分には、地形の起こす天候の変化がとても興味深く思われます。

そもそもプウホヌアとはハワイの言葉で「逃れの地」とか「聖域」といった意味とのこと。
かつてハワイにはカプという宗教的な掟が存在し、これを破ることで火山の噴火や嵐など天災が起こると信じられていたため、破った者には死罪をもって罰せられたそうな。カプを破ったことで穢れ死罪に処されるべき罪人が唯一生き延びることのできる術が、この聖地で穢れを祓うことだったのだそうだ。


f0022130_2365033.jpgこのカプが廃止されたのはカメハメハ2世の即位した1819年。現地のガイドさんによると、科学の進歩によって火山の噴火などの災害が説明がつくようになったからとの事だったが、帰国してからちょっと調べてみると、カメハメハ大王ほどカリスマ性の無かったカメハメハ2世(と摂政カアフマヌ)が、絶大な権力を持っていた神官たちの力をそぎ自らの権力基盤を強化するため、カプを廃止し聖地を破壊したというのが真相に近いようだ。
もちろん彼がこの事に踏み切った裏には、当時同盟関係にあったイギリスなど欧米諸国から、科学やキリスト教などの思想を受け入れていったという経緯があるのだろう。ハワイに宣教師達が初めて上陸したのも、もともと文字を持たないハワイ人がアルファベットを教育に取り入れたのも、彼の治世のことだった。

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園には、復元された聖地の建物や石垣、ウミガメのやってくる岩場などがあり、しばらくの間散策。海の浅瀬によく目を凝らしてみてみると、波のまにまにウミガメが何匹も漂っていました。あまり時間が無かったので行けなかったけれど、いいトレッキングコースもあるようです。
ハワイに到着して初めて自分の足で少しだけ自由に歩けたので、あちこち植物や潮溜まりを観察。溶岩と保護色になっている黒いカニがいたくらいであまり動物の姿を見ることはできませんでしたが、潮溜まりの際に赤いツタのような多肉植物のようなものがたくさん生えていたのが興味深く思いました。その他ヤシの木やノニの木なども生えており、ヤシの切り株を見て「あ、ヤシの木って年輪が無いんだ!」と驚いたり。

イチ
[PR]
# by clemenskrauss | 2008-06-04 23:00 | ハワイ旅行2008/5/5~10